homeへ

Metroアプリ版 IE10の新機能

●Metroアプリケーション版Internet Explorer 10の新機能.1

【拡大画像や他の画像】
Mozilla Firefoxのみならず、Google ChromeもMetroスタイルへの対応を表明し、Windows 8(開発コード名)におけるデファクトスタンダードWebブラウザーの地位を競う争いは、ますます激しくなりそうである。既に報じられているようにWindows 8は、標準WebブラウザーとしてInternet Explorer 10を搭載する予定だが、Windows 8の公式ブログでは、そのInternet Explorer 10における新機能を初めて披露した。今週もWindows 8開発チームの公式ブログである「Building Windows 8」からの情報を元にWindows 8の可能性をひもといていく。

「Windows 8 Consumer Preview」で見るWindows 8の新機能言語パックの管理方法を変更しSkyDriveとの融合を実現するWindows 8( )
メトロスタイルUIに対応するWindows 8のアクセシビリティ機能( )
アプリによる消費電力を抑えつつもバックグラウンド動作を実現する「Connected Standby」とWindows 8( )
OSの使い勝手を左右し、重要な存在となる"エクスプローラー"改良ポイント - Windows 8レポート( )
Windows 8と今後のコンピューターに影響を与える「Windows Store」とセンサー機能( )
次世代Windows OSで変化する無線ネットワーク環境とファイルシステム( )
「Microsoft Flight」が無償提供、MicrosoftはPCゲーム黄金期を取り戻せるか?( )
デスクトップコンピューター向け機能の強化が目覚ましいWindows 8( )
コンピューターとWebサイトのログオンシステムを強化するWindows 8( )
自動アップデートでInternet Explorerの更新をうながすMicrosoft( )
Windows Storeの登場はWindows 8の成功につながるか( )
大容量ディスクと大型セクターをサポートするWindows 8( )
Kinect for Windowsの存在とWindows XPをサポートするWindows 8( )
Windows Updateによる再起動を最小限に抑えるWindows 8( )
Metroスタイルアプリを支えるWNSとマルチコアサポートを強化するWindows 8( )
世界を変える新入力デバイスと視認性を高めるWindows 8のタスクマネージャー( )
メモリ管理を改良したWindows 8( )
ランチャースタイルを作り替えたWindows 8( )
ネットワークとの親和性を高めるWindows 8ネットワークとの親和性を高めるWindows 8( )
仮想環境と互換性問題に対応するWindows 8( )
変化するWindows 8のファイル管理システム( )
Windows 8の新ユーザーインターフェースを見てみる( )
USB 3.0をサポートするWindows 8の開発進捗状況( )

○Metroアプリケーション版Internet Explorer 10の新機能

既にWindows 8 Consumer Previewをお使いの方ならお気づきのとおり、Internet Explorer 10は従来のデスクトップ版と、タッチ操作に対応したMetroアプリケーション版の2種類が用意されている。もちろんInternet Explorer 10のエンジンは前バージョンとなる同9と比較しても数多くの改良が施されているが、今回のターゲットは後者のMetroアプリケーション版。UI(ユーザーインターフェース)を再設計し、ブラウジングに欠かせないWebページの表示領域を最大限確保しつつ、コントロールに必要な機能はチャームとして表示させる仕組みを用いている(図01〜02)。

特徴的なのがチャームで表示されるタブスイッチャーの存在だ。Metroデスクトップ上部を右クリックするか[Win]+[Z]キーを押すと表示させるタブには、各Webページのタイトルとサムネイルが表示される。形状を踏まえるとタブとは言いがたいが、Webページを素早く切り替えられるという意味では同等の機能だ。ただし、タッチデバイスを前提にしているためか、矢印キーによる操作は確認できなかった。Windows 8だけでなくInternet Explorer 10は、あくまでも開発途中版なので今後に期待したい(図03)。

また、タブスイッチャーの右側に並ぶボタンからは、タブに関する操作やInPrivateブラウズの実行が可能である。加えてWindows 7やWindows 8のMetroデスクトップと同じように、Webページをピン留めする機能が備わっており、ナビゲーションバーでピン留めしたWebページはナビゲーションタイルに列挙される仕組み。ここではよくアクセスするWebサイトや前述のピン留めしたWebサイトがタイル表示され、ページ下部に用意された検索ボックスからは、Webサイトの絞り込みも可能だ(図04〜05)。

●Metroアプリケーション版Internet Explorer 10の新機能.2
このほかにも、Webサイトやページ内の検索に欠かせないキー入力を補助するためにタッチキーボードを用意しているが、キーボードレスのタッチパネル型ディスプレイを備えたコンピューターで実際に操作してみないと、正しい評価を下すことはできない。その一方で気になるのが文字列のコピー&ペースト機能だ。

例えばiOSやAndroid OSといったスマートフォン/タブレット型コンピューター向けOSでは、独自のロジック(iOSはタッチ部分を拡大表示し、選択しやすくしている)を用いて、直感的な操作を実現している。その一方でInternet Explorer 10におけるソフトウェアキーボードと文字列操作、どの程度まで考慮したUIに仕上がっているかは、タブレット型コンピューターでの動作を踏まえ、あらためてご報告したい。

そのほかの新機能で特筆したいのが、チャームとの連動だ。Windows 8のMetroデスクトップは、使用しているMetroアプリケーションによって内容が動的に変化するショートカット「チャーム」を備えているが、Internet Explorer 10でもこのチャームを効果的に活用している。

チャームのトップページは、ほかのアプリケーションと同じく「検索」「共有」……といったものだが、Internet Explorer 10がアクティブな状態で「検索」を呼び出すと検索対象先がBingとなり、チャームの検索ボックスから直接Webページ検索を実行できるというものだ。その一方で「共有」を呼び出すと選択できる機能として「メール」が用意されており、同ボタンをクリックすると、閲覧しているWebページのプレビューやURLなどを電子メール経由で送信することが可能だ(図06〜07)。

「デバイス」では閲覧中のWebページを標準プリンターによる印刷が行える。プリンターのデバイスドライバーが導入されていない場合は、Microsoft XPS Document Writer経由でXPS(XML Paper Specification:Microsoftのドキュメントファイル形式)ファイルを出力することになるが、デバイスとプリンターでFaxを標準プリンターとして選択しても、チャームに現れたのは実際のプリンターだった。最後の「設定」は文字どおりInternet Explorer 10の設定を行うというもの。

デスクトップ版Internet Explorerと大きく異なり、必要最小限の設定項目だけ用意されている。あくまでもMetroアプリケーション版のInternet Explorer 10はコンシューマー=一般消費者向けであり、きめ細かいアクセスコントロールや動作設定を求めるユーザーはデスクトップ版Internet Explorer 10を使用するという切り分けを、Microsoftは想定しているのだろう(図08〜09)。

このほかにも数々の改良が施されているが、Webブラウザーという観点から見て興味深いのが、Metroアプリケーションの開発を表明したMozilla FoundationとGoogleの存在である。前者はMozilla Firefox、後者はGoogle ChromeのMetroアプリケーション版を開発中であり、各社ともWindows 8におけるWebブラウザーのデファクトスタンダードを狙っている。Mozilla FoundationやGoogleの後追いにより、Internet Explorerのシェアを脅かしているのが現状だ。もちろん各Webブラウザーを選択するわれわれは、企業の思惑よりも純粋な使い勝手の良さで判断するため、再びWebブラウザー戦争が突発するか定かではない。

W3C(World Wide Web Consortium)が勧告しているWebブラウザー関連の規格に沿いつつも、パフォーマンスの改善が著しいInternet Explorer 10の将来は決して暗くない。だが、ユーザーの好みで機能拡張を行うアドオンで差を付けられてきた現状を踏まえると、Metroアプリケーション版Mozilla Firefox/Google Chromeは、Microsoftにとって今後も看過できない存在となるだろう。

阿久津良和(Cactus)

(阿久津良和)

[マイナビニュース]

サプリメントの効用について

サプリメントは「補う」といった意味の言葉で、その名のとおり、食事からでは足りない栄養素を補うためのものです。
食事に気を配るといっても、忙しい生活の中では限度がありますし、気にしすぎてもかえってストレスが溜まりそうです。
現在売られている野菜は、ここ50年程度の間に、含有する栄養量がかなり減っています。
それは土壌がやせて、土自体に栄養がなくなってきているせいです。
また、生産技術が発達して年中どこでも買えるようになり、便利になった反面、旬の新鮮な食物を食べる機会が減りつつあります 昔の人のように、自然の恵みを100%は受けられなくなっているのです。
同じ食べ物を同じ量食べても、摂れる栄養量がかわってきているため、サプリメントはなくてはならないものになってきました。 しかし、サプリメントはあくまで「補う」ものであり、食事の代わりにはなりません。
食事で補えない栄養素をとって、本来の体・体調に戻すといったメンテナンスの意味合いで利用しましょう。

アストラガルス
中国原産、マメ科の植物。和名は「オウギ」。
根の部分に薬効成分が含まれているとして、薬用に用いられている。
フラボノイドやサポニン、ギャバなどを含有していて、免疫力や体力を高めてくれる。
そのほか、強心作用、利尿作用もある。
エキナセアと併用すると、風邪につよい体作りができる。

アニス
西アジアから地中海沿岸原産、セリ科の植物。
その種子を料理のスパイスに用いたり、砕いて煮出しハーブティーとして利用する。
ハーブティーには、せきをとめる効果があるとされる。
また胃を整えて消化不良の改善効果もある。
抽出されたオイルには、虫のきらう香りがするため、虫除けなどにも利用されている。

東ティモール現職大統領 敗北

【シンガポール=青木伸行】東ティモールの大統領選挙(17日投票)は18日までの開票の結果、最大野党「東ティモール独立革命戦線」(フレティリン)のルオロ党首(57)と、タウル・マタン・ルアク前軍司令官(55)の上位2候補による決選投票となることが、確定した。

 選挙管理委員会の暫定集計(開票率100%)によると、得票率はルオロ氏28・37%、ルアク氏25・07%、現職のラモス・ホルタ大統領(62)は17・99%。いずれも当選に必要な過半数を大きく下回った。投票率は69・5%、有効投票数は43万5千票だった。

 国会議長を5年間務めたルオロ氏は、前回2007年の大統領選にも出馬。第1回投票で首位に立ったが、決選投票でホルタ氏に敗れた。

 決選投票は4月16日。基本構図は、ルアク氏を推すグスマン首相が率いる再建国民会議(CNRT)と、フレティリンとの対決。ただ、フレティリン票の一部がルアク氏へ流れる可能性もある。焦点はグスマン氏と距離を置くホルタ氏や、ラサマ国会議長ら他の大統領選候補者が、どちらの陣営に付くかだ。6月の議会選挙をにらみながら、綱引きが展開される。

News